<   2009年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ドラマティックがお好き

最近、ままごとにハマっているこぞぅさん(1歳5ヶ月)。

児童館で2歳~3歳くらいのお姉ちゃんがやっているのを、じーっと見ていて
自分も参加していた。

小さいフライパンをもって、中に野菜やら炒飯やらをいれている。
コップを差し出せば、飲むまねごと。
家では、牛乳パックを持って、空のコップに「じゃぁー」と言いながら注いでた。
見てるんだねぇ・・・

それから、食事中、ぬいぐるみやスティッチが描かれた椅子なんかに、食べ物を
食べさせたりするまねをするようになった。
私の着ていた犬の刺繍がされたトレーナーにも、パクパクと言って食べさせてた。
近づいて来て、犬にチューしてくれたり。
私もつきあって、トレーナーの中に手をいれ、犬が生きてるかのように動かして遊んでますが・・・


ここから、2ヶ月くらい前のお話。
絵本を読むのは、ほぼ毎日の日課。
家事がひと段落すると、おひざの上で、こぞぅさんが持ってきた絵本を読む。

f0101496_1630987.jpg


この「すりすりももんちゃん」も、よく読む絵本のひとつなんですが・・・

この話、ねずみや犬、金魚などが、砂場で遊んでいるももんちゃん(赤ちゃん)に
すりすりして、いいにおーいと言っていきます。
最後に登場するのが、さぼてんさん。
すりすりしたら、とげが刺さって、ももんちゃんが痛いと顔をゆがめます。
でも泣かずに、ママのところまで我慢して、最後は、ママに抱かれ号泣。
そして、ママにすりすり、いいにおーい!っていうお話なんです。

どうやら、こぞぅさんは感情移入をしているみたい。
さぼてんさんが出てくると、絵本を閉じようとし、
「痛い!」のところでは、下唇を突き出し、すでに半泣き。
「わ~ん(泣)」と泣きまねをするところでは、もう号泣。
絵本と同じように、抱っこしてすりすり、いいにおーいというと泣き止みます。

おもしろい・・・ 
反応が面白くて、何度も読んでみては、泣かせるブラックな親(笑)

さすがに、可愛そうだから、もうやめようねって、旦那さんと話していたのに、
こぞぅさん自ら持ってきて、読めとせがむ。
泣くのに?さぼてん怖いのに?

この瞬間的に泣いたり、ほっとしたりを楽しんでるかのよう。
ドラマティックな展開が好きらしい。

ちなみに、今はもう泣きません。
ちぇっ、つまんない(笑)
[PR]
by peae | 2009-11-10 16:24 | こども | Comments(2)